電源の選び方

選び方 - 対応表

5050/60leds/mの場合、各12V仕様の電源で使用できる長さは下記の通りです。
※実測値での使用を想定すると、下記のようにお使いは頂けますが、弊社といたしましてはA数換算での使用を推奨します。

電源の種類 点灯可能な長さ
ACアダプタ12V1.5A 合計100cm
ACアダプタ12V5A 合計500cm
大容量電源12V12A 合計900cm
大容量電源12V29A 合計2200cm
大容量防滴電源12V12.5A 合計900cm
大容量防滴電源12V22A 合計1600cm

各LEDの使用する電流値の求め方

使用する電流値の求め方(計算方法)は下記の通りです。
・使用する電流値 = 1mあたりの電流値 × 使用する長さ

①製品ページにて、接続するLEDの使用する電流値を確認してください。 各製品ページ下部、仕様一覧に記載があります。

②数値を計算式に当てはめ、電源を選んでください。
例:5050LEDテープ 4m3本を使用する場合
使用する電流値 = 1.2A × 12m(4m × 3本)= 14.4A
14.4A以上の電源は「大容量電源12V29A」または「大容量防滴電源12V22A」を選びます。

※アダプタの出力が足りない場合や定格ギリギリで連続使用した場合、アダプタが破損する恐れがあります。
※多数に分岐させたLEDの場合、電源の容量には十分余裕を持たせてください。
※大容量電源12A,29Aは内部温度が一定値を超えるとファンが作動します。ファンの作動音が気になる場所での使用は大容量防滴電源がおすすめです。

ACアダプタおすすめ入力線

「電源アダプタ1.5A」または「電源アダプタ5A」を選んだ場合は入力線はDCジャックがおすすめです。LEDテープとアダプタをワンタッチで接続できます。