LINE-QRコード

LINEで気軽に製品についての質問等を承っています。弊社営業日時間内で回答いたします。

お問合せ・お見積もり

ご購入を検討されるお客様へ

LEDテープライトのお見積りやプランのご提案も致します。

TEL03-5846-5146 FAX03-5846-5147

製品全般

交流電源で使用しないでください。
弊社LED関連製品は、全て直流電流で動作する製品となります。その為、アダプター電源等を使用し直流電流に変換した上でご使用ください。家庭用コンセント等の交流電源を直接製品に接続しますと、故障の原因となります。
定格電圧以外で使用しないでください。
弊社LED関連製品は動作する定格電圧が規定されております。定格外の電圧で使用しないでください。故障の原因となります。
規定された最大負荷電流の範囲内で使用してください。
各製品には最大負荷電流値が規定されている為、この規定条件を超えての使用はしないでください。故障、発熱、発火の原因となります。
他社製LEDコントローラー、LEDテープライト等と組み合わせて使用しないください。
弊社LED関連以外の他社製品との組み合わせ(他社LEDテープライト系、コントローラー系、ケーブル系製品)では動作の保証ができません。また、それにより故障、不具合が発生した場合、保証対象外となります。
リード線を加工したら保護処理をしてください。
リード線をカット等の加工した場合、結線箇所を圧着スリーブや熱収縮チューブ等でショートしないように絶縁処理、防水防塵処理をしてください。
材料は供給先の事情や品質向上の為、仕様を変更する場合があります。
材料は供給先の事情や品質向上の為、仕様を変更する場合があります。仕様変更の内容は、ホームページにてお知らせいたします。出来る限り迅速にご報告出来るよう対応は致しますが、商品部材の供給先が海外工場の為、ご連絡やご報告が遅れる可能性がございます。恐れ入りますが、上記事情ご賢察の上、予めご了解頂けますよう御願い申し上げます。

LEDテープライト

電源線(V+とV-)を間違えないでください。
LEDテープライトの電源線のV+とV-を間違えないでください。故障の原因となります。また、製品によっては修理、修復等が出来ません。
通電状態で結線や切断、接続等をしないでください。
LEDテープライトに通電したまま結線や切断、接続をしないでください。故障や感電の原因になります。
出力線がある場合、出力線同士が触れていないことを確認してから電源を入力してください。
出力線が線出し加工の場合、出力の導線同士が触れていないことを確認してください。導線が触れ合ってショートし、故障する恐れがございます。
通電した状態で金属ラジオペンチ等で末端給電部分に接触しないでください。
LEDテープライト、LEDコントローラーの電源が通電した状態で、LED給電部分を金属製のラジオペンチ等で抜差ししたり触れたりしないで下さい。ショートしてLEDテープライト、LEDコントローラーが破損したり、感電等の事故につながる恐れがあります。
非防水タイプは湿気、埃が溜まる箇所、人に触れる場所での利用は避けてください。
非防水タイプは湿気のあるところ、埃が溜まりやすいところ、人の手が触れるところへの設置は避けてください。これら環境での使用は防滴タイプが適しております。
LEDテープライトのフレキ材がアルミ板や鉄へ接触しない様に注意してください。
非防水タイプのLEDテープライトをアルミ板や鉄板などへ取り付ける際、裏面の両面テープを剥がさないでください。直接LEDテープライトのフレキ材がアルミ板や鉄へ接触すると、板や鉄板へ通電し、動作不具合や故障、感電の原因となります。
放熱の為、アルミ板や鉄板等へ取り付けてご利用ください。
LEDテープライト、特にLEDチップ数が多く密集している製品は発熱量が多いので、アルミ板や鉄板など放熱性に優れた素材へ取り付けてご利用ください。木材など放熱性の悪い素材への取り付けは避けてください。LEDの寿命が短くなってしまいます。
振動の発生する場所では使用しないでください。
長期的な振動の発生する場所では使用しないで下さい。振動により故障する可能性があります。
高温多湿または、霜、極冷地で使用しないでください。
LEDテープライトは精密電子部品のため取り扱いにご注意ください。高温多湿または、霜、極冷地で使用すると故障の原因になります。LEDテープライトの動作温度は-20〜+50℃(氷結、結露無きこと)になります。
リールに巻いた状態で点灯させないでください。
弊社LEDテープライトはリールに巻いて発送しておりますが、このリールに巻いた状態での点灯は絶対にしないでください。巻いた状態で点灯すると、LEDテープライトの発する熱が逃げず、その熱によりLEDが破損します。
60度以上曲げないでください。
LEDテープライトは、60度以上の角度で曲げないでください。60度以上の角度で使用すると、故障の原因になります。
叩いたり押したりしないでください。
LEDテープライトは精密電子部品のため取り扱いにご注意ください。叩いたり押したりすると故障の原因になります。
強く引っ張ったり曲げたりしないでください。
LEDテープライトを貼り直しをするときなど、LEDテープライトを強く引っ張らないでください。故障の原因になります。
LEDテープライトは捻らないでください。
LEDテープライトは捻らないでください。故障の原因となります。特に、ICにて点灯を制御するLEDテープライトはテープ上に配置されているICチップが取れてしまうため、IC制御が出来なくなり故障します。
LEDテープライトを電圧が不安定な箇所で使用しないでください。
弊社のLEDテープライトは、商品ごとで規定された電圧に使用する事を前提とした製品になります。自動車のエンジン始動時やバッテリーでの電圧など、規定電圧以外の不安定な電圧が流れてしまう環境では使用しないでください。動作不具合や故障の原因になります。
保管する場合は納品時の静電防止袋に乾燥材(シリカゲル)を入れて密閉状態にしてください。
LEDテープライトの保管は納品時の静電防止袋に乾燥材(シリカゲル)を入れた密閉状態にしてください。保管状態によりテープライト劣化促進やLEDバラツキが生じる原因となります。
LEDチップの発光色はロットによって違いが生じます。
弊社LEDテープライトは、同一の製品であれば可能な限り同一の発光色をご提供できるよう工場と調整して入荷しております。しかしながら生産ロットにより発光色に差異が発生する可能性もございます。複数本点灯させる場合には、予備分を含めて同日のロットをお買い求めください。

LEDライトバー

電源ケーブルを引っ張ったり、電源ケーブルを持って取り外したりしないでください。
LEDライトバーの電源ケーブルを引っ張ったり、電源ケーブルを持って取り外したりしないでください。断線の原因になります。
通電状態で結線や切断、接続等をしないでください。
LEDライトバーに通電したまま結線や切断、接続をしないでください。故障や感電の原因になります。
分解や改造をしないでください。
LEDライトバーを分解したり改造をしないでください。分解や改造によって発生した不具合に関しては、一切対応や保証ができません。
湿気、埃が溜まる箇所、人に触れる場所での利用は避けてください。
湿気のあるところ、埃が溜まりやすいところ、人の手が触れるところへの設置は避けてください。
LEDライトバーは防滴、防水仕様ではございません。
LEDライトバーは防滴、防水仕様ではございません。基本的の野外での使用は推奨しませんが、野外でのご利用の場合は、自己責任の範囲でシーリング等の加工を行って頂いた上でのご利用をお願いします。
高温多湿または、霜、極冷地で使用しないでください。
LEDライトバーは精密電子部品のため取り扱いにご注意ください。高温多湿または、霜、極冷地で使用すると故障の原因になります。動作温度は-20〜+50℃(氷結、結露無きこと)になります。
振動の発生する場所では使用しないでください。
長期的な振動の発生する場所では使用しないで下さい。振動により故障する可能性があります。
LEDライトバーは電圧が不安定な箇所で使用しないでください。
LEDライトバーは、商品ごとで規定された電圧に使用する事を前提とした製品になります。自動車のエンジン始動時やバッテリーでの電圧など、規定電圧以外の不安定な電圧が流れてしまう環境では使用しないでください。動作不具合や故障の原因になります。
凹凸のある場所や不安定な場所には設置しないでください。
LEDライトバーは、凹凸のある場所や不安定な場所には設置しないでください。落下の原因となります。棚など平坦で安定した箇所での設置が望まれます。
LEDライトバーのフレームカット時に誤差が発生する可能性がございます。
LEDライトバーのフレームカットは手作業となりますため、エンドキャップ含め全長5mm程度の誤差が発生する可能性がございます。
ネオジム磁石は他の電子機器の近くで使用しないでください。
LEDライトバーのネオジム磁石は、他の電子機器の近くで使用しないでください。故障や誤動作の原因となります。
ネオジム磁石は指などを挟む恐れがあります。
LEDライトバーのネオジム磁石を取り扱う場合は、十分注意してください。ネオジム磁石は強力な磁力の持っており、指を挟むなど思わぬ事故の原因となります。

LEDコントローラー

LEDコントローラーを磁場近くに配置しないでください。
LEDコントローラーを磁石の近くに配置しないでください。動作不具合や故障の原因となります。
LEDコントローラーは振動の発生する場所では使用しないでください。
長期的な振動の発生する場所では使用しないで下さい。振動によりLEDコントローラー内部のハンダや部品が破損してしまい、故障する可能性があります。
LEDコントローラーとLEDテープ間は、出来るだけ短い距離にてお使いください。
LEDコントローラーからLEDテープライトまでは出来る限り短い距離でご使用ください。どうしても長くとらなければならない場合、動作保証は出来かねますが、データ用の線材を太くする、外部からのノイズの影響を受けにくい線材を使用する、リピーター等で信号を増幅する等の対応策を実施して下さい。
スマートフォン対応ソフトウェアのお問い合わせにはご対応いたしかねます。
スマートフォン対応のコントローラー操作ソフトウェアに関する問い合わせ、ご要望にはご対応できません。予めご了承くださいますようよろしくお願いいたします。

LED電源

電源へ通電した状態で、LEDテープライト等を接続しないでください。
電源が通電している状態でLEDテープライト等の接続はしないでください。故障や感電の原因になります。
LEDテープライト等に使用する電源は保護回路がついている物をご使用ください。
LEDテープライト等に使用する電源は、必ず保護回路がついている電源をご使用ください。弊社取り扱いの電源は全て保護回路を搭載しております。(※「12V変換電池ボックス」は除く)
LEDテープライト等接続時のアダプタ容量が適切か確認をお願いします。
接続するLEDテープライト等の種類と長さに応じた、十分な電流容量の電源をご使用ください。容量が小さい電源に容量以上の製品を接続しますと、電源が容量以上の電流を流そうとオーバーロードしてしまい、故障および発火等事故の原因となります。
防滴タイプ以外の電源設置の際には湿気、水および埃に注意をして下さい。
防滴タイプ以外の電源の場合、湿気が高かったり水などがかかる、また埃の多い環境で使用すると故障の原因となります。このような環境で使用する場合は別途防水処置をして頂くか、防滴タイプの電源をご使用下さい。

LEDアルミフレーム

LEDテープライトの種類によって使用できない場合があります。
弊社取り扱いのLEDテープライト幅は、それぞれ5mm、8mm、10mm、12mm(防滴チューブ未取付時)となっております。12.5mm幅のLEDテープライトが収まらないLEDアルミフレームもございますので、LEDテープライトとLEDアルミフレームの寸法は、ご購入前にご確認頂きましたうえでご注文ください。
非防水またはジェル防滴と組み合わせての使用を推奨します。
LEDアルミフレームをご使用になる場合、組み合わせは非防水タイプまたはジェル防滴タイプが最適です。LEDアルミフレームの種類によっては、防滴チューブを取り付けた寸法のLEDテープライトも挿入出来るタイプもございます。挿入の可否に関しましては、各LEDテープライトの防滴チューブ(防滴キャップ含む)の寸法とLEDアルミフレームの寸法をご参照ください。
フレーム断面と配線の接触にご注意ください。
LEDアルミフレーム、または放熱アルミ板の断面は表面メッキが剥れ、アルミ材が剥き出しとなります。リード線と放熱アルミ板の切断口が接触するとショートする可能性がございます。LEDテープライト配線の際に接触してショートしない様に十分に注意をお願いします。
LEDテープライトの入出力線は線出しタイプでご利用ください。
LEDテープライトの入出力線は線出しタイプがお勧めです。その他の入出力線ですと、エンドキャップや、ラバーキャップに線が通りません。その場合は、別途お客さまにてご施工頂く必要がございます。恐れ入りますが、予めご確認の上ご検討ください。
お客さまにてエンドキャップ、ラバーキャップの加工が必要な場合がございます。
エンドキャップ、ラバーキャップの穴は、2線程度が通る内径となっております。3線、4線、5線を通す場合は、お客さまにてエンドキャップ、ラバーキャップを拡張する加工が必要となります。また、アルミフレームに挿入する際、入りづらい場合もエンドキャップ、ラバーキャップを加工する場合がございます。
お客さまにてアルミフレーム本体やカバー、放熱アルミ板等をカット加工して頂く場合がございます。
長物の製品は、基本200cm程度の長さがございます。設置する際は、別途設置場所や方法に併せてお客様にて合わせ等の加工が必要となります。
LEDテープライトのカットが必要な場合がございます。
エンドキャップ、ラバーキャップとの兼ね合いで、アルミフレームと同じ長さのLEDテープライトは収まらない場合があります。その場合、恐れ入りますがアルミフレームの長さに合わせて、通電していない状態でのLEDテープライトのカット加工をお願いします。
LEDアルミフレームは防滴、防水仕様ではございません。
防滴仕様のLEDアルミフレームもございますが、基本的にLEDアルミフレームは防滴、防水仕様ではございません。野外でのご利用の場合は、自己責任の範囲でシーリング等の加工を行って頂いた上でのご利用をお願いします。
LEDアルミフレームのカット時に誤差が発生する可能性がございます。
LEDアルミフレームのカットは手作業となりますため、2mm程度の誤差が発生する可能性がございます。
LEDアルミフレームのカットはご指定の長さにすることが目的です。
LEDアルミフレームのカット商品は、ご希望の長さにてご提供し、お客さまの現場での手間をひとつ減らすことが目的であります。そのため、エンドキャップ装着時のカバー長の調整などはカット内容に含まれておりません。カバー長の調整は今までどおりお客さまにてカットくださいますようお願いいたします。

自動車、オートバイ、トラックなどで使用する場合

自動車、バイクでの使用は、以下の注意点がございます。

基本的に、弊社LED関連製品は自動車、オートバイ等自動車関連での使用を想定しておりません。そのため動作及び商品の保証対象外となります事、予めご了承ください。

  • LEDテープライトは、長期的な振動によりLEDテープライトの接合部のハンダが割れて、故障する可能性があります。
  • LEDコントローラーは、長期的な振動によりLEDコントローラー内部のハンダや部品が破損してしまい、故障する可能性があります。
  • 弊社LEDコントローラーはDC12Vもしくは5Vの製品になります。自動車はエンジン始動時などに規定以外の電圧が流れてしまう恐れがあるため、動作不具合や故障の原因になります。

Ver.03.00.00
2017年02月02日更新 株式会社ジェイダブルシステム

ページトップへ