LEDテープライトの取扱注意事項

非防水タイプは湿気、埃が溜まる箇所、人に触れる場所での利用は避けてください。

非防水タイプは湿気のあるところ、埃が溜まりやすいところ、人の手が触れるところへの設置は避けてください。これら環境での使用は防滴タイプが適しております。

LEDテープライトのフレキ材がアルミ板や鉄へ接触しない様に注意してください。

非防水タイプのLEDテープライトをアルミ板や鉄板などへ取り付ける際、裏面の両面テープを剥がさないでください。直接LEDテープライトのフレキ材がアルミ板や鉄へ接触すると、板や鉄板へ通電し、動作不具合や故障、感電の原因となります。

放熱の為、アルミ板や鉄板等へ取り付けてご利用ください。

LEDテープライト、特にLEDチップ数が多く密集している製品は発熱量が多いので、アルミ板や鉄板など放熱性に優れた素材へ取り付けてご利用ください。木材など放熱性の悪い素材への取り付けは避けてください。LEDの寿命が短くなってしまいます。

リールに巻いた状態で点灯させないでください。

弊社LEDテープライトはリールに巻いて発送しておりますが、このリールに巻いた状態での点灯は絶対にしないでください。巻いた状態で点灯すると、LEDテープライトの発する熱が逃げず、その熱によりLEDが破損します。

60度以上曲げないでください。

LEDテープライトは、60度以上の角度で曲げないでください。60度以上の角度で使用すると、故障の原因になります。

叩いたり押したりしないでください。

LEDテープライトは精密電子部品のため取り扱いにご注意ください。叩いたり押したりすると故障の原因になります。

強く引っ張ったり曲げたりしないでください。

LEDテープライトを貼り直しをするときなど、LEDテープライトを強く引っ張らないでください。故障の原因になります。

LEDテープライトは捻らないでください。

LEDテープライトは捻らないでください。故障の原因となります。特に、ICにて点灯を制御するLEDテープライトはテープ上に配置されているICチップが取れてしまうため、IC制御が出来なくなり故障します。

LEDテープライトを電圧が不安定な箇所で使用しないでください。

弊社のLEDテープライトは、商品ごとで規定された電圧に使用する事を前提とした製品になります。自動車のエンジン始動時やバッテリーでの電圧など、規定電圧以外の不安定な電圧が流れてしまう環境では使用しないでください。動作不具合や故障の原因になります。

保管する場合は納品時の静電防止袋に乾燥材(シリカゲル)を入れて密閉状態にしてください。

LEDテープライトの保管は納品時の静電防止袋に乾燥材(シリカゲル)を入れた密閉状態にしてください。保管状態によりテープライト劣化促進やLEDバラツキが生じる原因となります。

LEDチップの発光色はロットによって違いが生じます。

弊社LEDテープライトは、同一の製品であれば可能な限り同一の発光色をご提供できるよう工場と調整して入荷しております。しかしながら生産ロットにより発光色に差異が発生する可能性もございます。複数本点灯させる場合には、予備分を含めて同日のロットをお買い求めください。

ページトップへ